GIOSライダー

要はかっこよくなりたいんです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

9月20日(土) vs ヴォルカ鹿児島

ファジ3回戦へ 天皇杯サッカー2回戦

 サッカーの第88回天皇杯全日本選手権は20日、全国各地で2回戦を行い、初出場のファジアーノ岡山(岡山)は岡山市の桃太郎スタジアムでヴォルカ鹿児島(鹿児島)を2―0で破り、3回戦進出を決めた。

 ファジアーノは前半3分、FW武田英明のシュートで先制。11分にはDF木村允彦=写真右上=が2点目を挙げ、突き放した。3回戦は10月12日、山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場であり、Jリーグ2部の甲府と対戦する。

 2回戦の残り6試合は21日に行われ、Jリーグ勢は2部(J2)が10月12日の3回戦から、1部(J1)は11月2、3、5日の4回戦から登場する。

セットプレーで序盤に2得点

 ▽2回戦

ファジア  2 2―0 0 ヴォルカ
ーノ岡山   0―0   鹿児島 
(岡山)         (鹿児島)

▽得点者【フ】武田、木村

【評】ファジアーノ岡山が序盤にセットプレーで2点を挙げ、逃げ切った。前半3分、右CKをFW武田が右足で合わせ、先制。11分には左CKからDF木村が頭で決め、リードを広げた。守りは受けに回る時間帯が多かったものの、GK李を軸に何とか無失点でしのいだ。

 ヴォルカ鹿児島は2失点以降、押し気味に試合を進めたが、決定力を欠いた。

“守勢”もヴォルカ鹿児島を零封 さあ次はJ2甲府戦

 地力の差を見せ2―0で勝利したファジアーノ岡山。だが格下相手に攻守とも精彩を欠き、すっきりしない試合内容だった。

 ロングボールを放り込まれる展開に手を焼き、こぼれ球を拾われては攻められた。ミスからボールを奪われカウンターをくらう場面もたびたび。手塚監督は「辛抱してよく0点に抑えた」と話すが、相手攻撃の精度の低さに助けられたとも言えるだろう。

 序盤の2得点以降、攻めては前線でボールが収まらず、中盤でのパスもなかなかつながらない。後半途中から入ったMF玉林、FW鴨川がそれぞれ左サイドと前線で起点をつくるようになり、ようやく試合が落ち着いた。「危ない雰囲気があったので、セカンドボールを拾い流れを変えようと思った」と玉林は振り返る。

 力の差は歴然としていた。前半3分、右CKからFW武田が抜群の嗅覚(きゅうかく)で「空きそうな気がした」というスペースに走り込み、右足で先制点を奪った。11分には左CKをDF野本が折り返し、DF木村が頭で豪快に決め2点目。リーグ屈指の破壊力の一端は披露した。

 内容はともあれ次は3回戦、いよいよJリーグ2部の甲府と対戦する。この日はけがで欠場したFWの小林康と喜山も戻ってきそうだ。木村は「自分たちのサッカーで一泡吹かせたい」と気持ちを奮い立たせる。ファジアーノ初のJチームとの公式戦。どこまでやれるのか真の実力が試される。

=山陽新聞=

1221901681_7.jpg



*参考*
FORZA!FAGIANO
ファジアーノ岡山FCを死んでも応援するサポーターズサイト
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/09/21 20:09 ] サッカー ファジアーノ | TB(0) | CM(0)
Acsess
Since 2008/09/05



現在の閲覧者数

Calendar
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Weather News

Author

GIOSライダー

GIOSライダー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。