GIOSライダー

要はかっこよくなりたいんです!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

160211 蒜山ベアバレー

フルマラソン前の中休み。

次女を連れ、蒜山ベアバレーへ...


IMG_2687_201602122322003a3.jpg


去年は滑走ゼロだったので、2年ぶり。

ヤフオクで適当にポチったブーツを履いてみたところ、

幅広甲高の足にはいまひとつフィットせず、

思い切ってインナーソールを抜いてみたところ、

フィット感は劣るが、痛みはなく快適。


IMG_2683.jpg


次女にとっても久しぶり。

ソリや雪遊びも一通りしましたが、

スキーの方が楽しいらしい。


IMG_2692.jpg


1日券で何度もリフトに乗り、クタクタになるまで。


IMG_2743_20160212233402e56.jpg


最初はトライスキーの補助をしていたけど、

午後には外すことができたし、

慣れてくるとスピードを出して楽しんでいた。


IMG_2710_20160212233406ac9.jpg


いっしょにリフトに乗って滑れるようになるなんてな...

大きくなったもんだ。


IMG_2747_20160212233402bcc.jpg


天気は良すぎたが、それほどバーンも緩まなかったので、

切れのあるカービングターンで滑ったり。

走り込みが十分できているので、脚の疲労感はなく、

現役時代と遜色ない速さがある。


IMG_2753_20160212232158a5a.jpg


ま、今さら競技スキーをする気はありませんが、

まだまだ鈍っちゃおりません。




ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2016/02/11 23:16 ] その他 スキー | TB(0) | CM(0)

2015 新年のご挨拶

生きているのがつらい。

光が全く見えない人生の閉塞感を息苦しく感じながら、

2015年の年明けを迎えた。


641bb81539250efade92aaa7535ba004.jpg


あけましておめでとうござします。

本年もあたたかくお付き合いの程、よろしくおねがいします。





ブログランキング・にほんブログ村へ ← ここをクリック!



[ 2015/01/01 23:46 ] その他 分類できまてん | TB(0) | CM(0)

140323 入学祝い

次女の裕彩が幼稚園を卒業した。


一年前、家庭的な事情で実家に引っ越し、

短い間ではあったが、一緒に生活を送った。

裕彩は邑久幼稚園に通った。


IMG_4537.jpg


自宅から幼稚園までは3km近くあり、

6歳の子どもには遠かったのでクルマで送迎していたが、

しばらくすると裕彩は歩いて行くと言い、

毎日、元気に通っていた。


IMG_5560_20140331235743d85.jpg


しかし、わたしたちの生活は突然終わりを迎え、

それ以降、8ヶ月もの間、会うことさえできなかった。


わたしのことをどう思っているだろうか。

強欲で愚かな母親のことを、バラバラとなった家族のことを、

どう思っているだろうか...

そのようなことばかり考えていた。


裕彩は小学生となる。

わたしが父親としてできることは限られるが、

できることは精一杯してあげたい。


IMG_2923.jpg


入学祝いに新しい自転車をプレゼントした。

父親として傍にいてあげられないが、

離れていても、わたしのことを感じられるのではないか、

という思いがある。


IMG_2958_20140406232900d97.jpg


小学1年生に22インチはやや大きいが、

20インチではすぐにもの足りなくなるだろう。

公園で練習させてみると、

とても嬉しそうに自転車に乗ってくれた。

もう少しサドルは下げられるので、

大丈夫だろう。


IMG_2961.jpg


IMG_3007_20140406232902cf0.jpg


月に一度しか会えないけど、

いつも楽しそうな笑顔を見せてくれる。


IMG_2997.jpg


わたしたち親子はなにも変わらない。

離れていても心は繋がっている。

本物の絆は強い。



ブログランキング・にほんブログ村へ ← ここをクリック!



[ 2014/04/06 00:07 ] その他 分類できまてん | TB(0) | CM(0)

140309 わかさ氷ノ山

平成26年3月の面接交渉。


子ども達を連れて鳥取へ向かい、

ムラカミ家の皆さんと、晩ご飯を一緒に食べた。

再び鳥取に子ども達を連れてくることが出来、

ゲンキくん、タイヨウくんと会え、楽しい時間を過ごした。


IMG_2695_20140311231421013.jpg


ムラカミ家の皆さんの全面的バックアップを受け、

わかさ氷ノ山スキー場へ向かった。


IMG_2588.jpg


デリカちゃんは4WD。

雪道の走破性能は国産最高レベルであるうえ、

後席モニターがついてDVDも見れるし地デジもついてるし、

Carismaのルーフボックスを載せており、

子ども達と一緒にいるときに限っては、

これ以上のクルマは考えられない。



IMG_2592.jpg


最高のタイミングだった。

温暖な中国地方では3月上旬ともなればスキーシーズンも終盤となり、

例年通り雪が溶け、ところどころ土が除いていたらしいが、

前日の吹雪のおかげで十分な積雪に回復しており、

わたしの記憶の中でも、この時期としては奇跡的なコンディション。

その上、お客様感謝祭だったので、

駐車場は無料、子供のリフト券は無料

最高のタイミングだった。


IMG_2599.jpg


真彩は、ゲンキくん、タイヨウくんと滑りに行き、

わたしは裕彩と二人で一緒に滑った。

裕彩は初めてのリフトが嬉しくて仕方が無い様子。

かわいい。


IMG_2595_201403112356548ed.jpg


学生時代に長らくインストラクターをしていたが、

わたしの指導方針は、

 ・細かいことは気にすんな!とがんがん滑らせる。

 ・スキーは楽しい!と気付かせる。

であり、かのブルースリー先生も、Don't think feel.(考えるな、感じろ!)と、

同じようなことを言っていたと記憶している。


IMG_2651.jpg


裕彩はがんがん滑る。

何度か転んでいたけど、起こしてあげると、

またすぐに滑り始める。


CIMG2081.jpg


知らず知らず自分の限界が底上げされるもので、

スキーは転んだ数だけ上手くなる。


IMG_2664.jpg


裕彩はリフトに乗った回数を数え、

嬉しそうに教えてくれた。

リフトに15回乗り、

楽しい楽しい!と何度も言ってくれた。

子ども達の楽しそうな顔が見れて、

とても楽しく嬉しかった。


CIMG2087.jpg


帰りにお土産を買って帰ろうか?って聞いたら、

裕彩は「パパを買って帰りたい。パパと帰りたい。」

と答えた。


わたしは1ヶ月に1日しか一緒にいられない。

これが現実であるが、

一緒にいる時間は短くとも、

いつも側にいることは出来なくとも、

ココロは強く繋がっていると、

言い聞かせ、気持ちを整理していた。

しかし、まだ幼稚園の裕彩には、

理解できるはずもなく、寂しい思いをさせていた。


IMG_2603.jpg


わたしには何もできない。

何もできないが、

一緒にいるときは子ども達を笑顔にしたい。


IMG_2640.jpg


この度も、ムカカミ家の皆さんに大変お世話になりました。

いつもありがとうございます。



ブログランキング・にほんブログ村へ ← ここをクリック!



[ 2014/03/09 23:36 ] その他 スキー | TB(0) | CM(0)

140209 ひるぜんベアバレー

2月の面接交渉。


IMG_1813.jpg


子ども達の希望で、

ひるぜんベアバレーにスキーに行った。


IMG_1833.jpg


雪山では4WDのデリカは王様

子ども達も大変気に入っている。

BMWちゃんを買おうかと検討しているが、

乗り換えるのは忍びない...



早速、キッズパークでそり遊び


IMG_1862.jpg


以前は毎年スキーに行ってたのに、

2年ぶりとなった...

子ども達の楽しそうな顔を見ると、

とてもうれしく、とても切なく、堪らなく悲しい。


IMG_1838.jpg

IMG_1885.jpg


そりで遊んだ後、スキーをしたが、

しばらく会わない間に子ども達は成長していた。


IMG_1972.jpg


真彩には新しいブーツを買っていたが、

スキーのビンディングが合わずサイズアウト。

慌ててスキー板をレンタルした。

スキーウェアもサイズアウトで裾が足りなかったが、

我慢してもらった。

裕彩はなんとかピッタリであった。


IMG_1965.jpg


真彩はボーゲンができ、

スピードをコントロール出来ている。


IMG_1940_20140213220952a92.jpg


真彩にはリフト券を買っていたが、

しかしリフトは大渋滞。


IMG_1945.jpg


ベアバレーには低速のペアリフトが一本しかなく、

ペアなのに一人ずつ乗るモノが多いため、

軽く30分以上は並ぶ。

結局、一本もリフトには乗っていない。



裕彩は2回目のスキー。


IMG_1974_2014021322095431f.jpg

IMG_1933.jpg


最初はトライスキーをトップに付けていたが、

最後は外して滑れるようになった。

楽しくて楽しくてとても頑張って滑っていた。


IMG_1978_2014021322112775c.jpg


もうリフトに乗せてもいい。

緩斜面を多くすべればどんどん上達し、

とても楽しいときだろう。

わたしは何度も裕彩の背中を押して駆け上がり、

リフト係をした結果、左脚、脹ら脛の肉離れを悪化させた。


IMG_2047.jpg


程なく、帰らなければいけない時間となった。

子ども達はもっと滑りたい、まだ帰りたくないと言ったが、

しかし帰らなければいけない。

また1ヶ月のお別れである。


IMG_2049.jpg


子ども達は、またスキーに行きたいと言っている。

なんとかその希望を叶えてあげたい。

わかさ氷ノ山に行こうと約束した。

ゲンキくん、タイヨウくんに会いたいと言っています。

ダイさん、よろしくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ ← ココをクリック!



[ 2014/02/09 23:32 ] その他 スキー | TB(0) | CM(0)
Acsess
Since 2008/09/05



現在の閲覧者数

Calendar
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Weather News

Author

GIOSライダー

GIOSライダー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。